すそわきが

汗をかいたときや、おりものの多い日など、女性にとってデリケートゾーンの臭いは気になるものです。でもその臭いが、ネギや、香辛料のクミンを思わせるツンとした臭い、または納豆、腐ったチーズのような臭いであった場合は、それはすそわきがの症状かもしれません。

 

すそわきがとは?

10代女子の悩み!あそこのわきがの臭いに気がついていますか?

 

すそわきがというのは、汗腺のアポクリン腺から分泌される汗が原因で、デリケートゾーンの周囲が臭う症状です。アポクリン腺から分泌される汗には、脂肪分やタンパク質などが多く含まれています。このタンパク質が、汗が分泌されたあと皮膚の常在菌で分解されると、臭いが発生します。これは「わきが」とまったく同じ原因で、「すそわきが」という名称もそこからきているのです。

 

すそわきがになるかどうかは、前述したアポクリン線の数、大きさによって決まってきます。どんな人でも、脇の下やデリケートゾーン周辺にアポクリン腺があるのですが、数が多かったり大きかったりすると、汗の量が増え、臭いやすくなります。また、わきがの方は、ジフテロイド菌という皮膚常在菌が多い傾向があります。

 

一般にはブドウ球菌が多く、この菌が汗を分解したときには、ただの酸っぱい汗臭さなのですが、ジフテロイド菌は刺激臭や悪臭を生成します。これらはどちらも、遺伝で起こる体質的なものです。

 

体質による要素がたかいすそわきが

10代女子の悩み!あそこのわきがの臭いに気がついていますか?

 

デリケートゾーンの臭いというと、不潔にしているようでイメージがよくないのですが、生活態度ではなく生まれついての体質が原因なのですから、そこは安心してください。

 

そういえば、日頃からデリケートゾーンの臭いが気になっていて……という方も、すぐにすそわきがと判断するのは早すぎます。デリケートゾーンはもともと汗やおりもの、尿などが付着しやすく、無臭というわけにはいかない部位です。すそわきがの方には、冒頭で述べた特有の強い臭いの他にも、いくつか体質に特徴があります。

 

まず「わきががある、または衣服の脇の下の部分に黄色っぽい汗ジミができる」。すでに述べたように、すそわきがとわきがは体質的な原因が同じですから、両方の症状が同時に起きているケースが多く見られます。また、アポクリン腺が多いと汗も多くなりますから、汗に含まれている脂肪やタンパク質が衣服に残りやすくなります。

 

「耳垢に湿り気が多い」。アポクリン腺は特定の部位に集中して存在していますが、その部位のひとつに耳があります。耳の中に汗が多く分泌されるため、耳垢が常に湿ってしまうことになります。暑いときにかく汗の場合は、耳の中には分泌されません。

 

ちなみに、他には乳輪やへその周りも、アポクリン腺が多く分布している部位です。人によってはここから臭いがするのも判断の目安になります。

 

「両親のうち、少なくとも片親にわきががある」。前述のように、アポクリン腺の数は、多くの場合遺伝的な要因で決まります。

 

「動物性タンパク質や脂肪分の多い食物を食べると臭いが強くなる」。汗の成分の中でも、脂肪酸とタンパク質が結合した「リポタンパク」という物質が臭いの直接の原因になりますから、脂肪やタンパク質を多く摂ると、リポタンパクが増加し臭いが強くなります。

 

これらの症状がいくつか当てはまるという場合は、すそわきがの体質である可能性が高いです。チェックしてみてください。

デリケートゾーンから独特の臭いがする、すそわきが。その原因は、アポクリン腺から分泌される汗です。

 

でももう少しくわしく言うと、「汗が皮膚の常在菌で分解されたときに生成される臭い」が、直接の原因です。

 

意外なことですが、アポクリン腺から出る汗そのものの臭いは、それほど強くも不快なものでもありません。つまり、あの独特の臭いは、「汗の分泌」→「常在菌による分解」という流れで初めて発生するのです。

 

そのため、単純にその流れを断ち切れば、臭いは抑えられます。すそわきがはセルフケアで緩和することができるといわれるのは、このためです。

 

 

気になるすそわきがの臭いは、セルフケアで軽減できます

 

汗を除去する

 

汗が皮膚の表面に残る時間が長いほど、菌による分解が進んで臭いも強くなります。こまめにシャワーで洗い流したり、外ではデリケートゾーン用のウェットティッシュで拭き取るだけでも効果があります。
アポクリン腺の汗は脂肪やタンパク質を多く含んでいますから、洗う際は石けんを使うとより効果的です。これは次でくわしく述べますが、石けんを使う場合は殺菌作用のある薬用石けんではなく普通の石けん、またはデリケートゾーン用の低刺激のものを選んでください。

 

皮膚常在菌を抑える

常在菌の働きを抑える、または数を減らして汗の分解を制限する方法もあります。ただしこの場合ちょっと注意する必要があるのは、常在菌を殺菌しすぎてもいけない、ということです。臭いに関しては徹底的に悪役の常在菌ですが、実は皮膚に有害な細菌が感染しないようにガードする、という大事な役割もあるのです。

 

常在菌がいなくなって、代わりにあまりたちの良くない細菌がデリケートゾーンに感染すると、これもまた臭いの原因になることもあり、厄介なのです。わきが対策に、殺菌作用のある石けんやデオドランド剤、または殺菌剤などがありますが、たとえばこれらをデリケートゾーンに使う、というのは強すぎるのでおすすめできません。

 

脇の下の場合は、皮膚が外気や紫外線にさらされることも多く、皮膚そのものにも常在菌にも強い抵抗力ができています。デリケートゾーンはわたしたちが生まれたときからほとんど下着に包まれています。常に一定の温度と湿度が保たれた状態で生息していることもあり、菌は外からの刺激にあまり強くできていないのです。

 

せっかく臭いの原因菌の除去が容易なのに、殺菌してしまうとこれも臭いの原因になる、うまくいかないものです。

 

皮膚科の医師は、「焼きミョウバン」による「減菌」、「抑菌」をすすめています。ミョウバンを溶かした水は酸性の性質があります。常在菌はアルカリ性の環境を好むため、ミョウバン水で働きが抑えられます。
ミョウバンはドラッグストアなどで購入ができます。ミョウバン15gを水1500mlに溶かして(完全に溶けるまで一晩かかります)ミョウバン水を作り、デリケートゾーンにスプレーするとデオドランド剤の代わりになります。

続きを読む≫ 2016/04/22 20:47:22

私のあそこはもの凄く臭くて、これはもうずっと長年の悩みになっています。

 

臭いに気づいたのは20歳の頃の事でした、何気なくトイレへ入って下着を降ろした時に、鼻を摘まみたくなるような悪臭がしたのです。

 

最初はあそこからの臭いだとは判らず、ただトイレが臭いのだと思いました。

 

でもお風呂に入る時、着替える時といった度に常温で放置していたヨーグルトのような、コーンポタージュスープのような臭いがするのです。
どうしてこんなに臭いんだろうと思い、何気なくしゃがんだ時に服を着たままでもその臭いがする事から、原因は私のあそこなんだと気づきました。

 

あそこが臭うのは、生理の前〜生理中、そして生理後3〜4日程が一番頻度が多いです。

 

汗ばむ季節だとあそこが蒸れて痒い時があって、そういう時には高確率で変な臭いがしてきます。下着を清潔な物に変えても毎日お風呂であそこをちゃんと洗っていても、どうしても臭ってしまう事に悩んでいました。

 

私はカフェで接客をしているのですが、制服は膝丈スカートに白ブラウスです。パンツスタイルよりもスカートの方が遮る物が下着しかない分、臭いやすいと思うのです。ですから仕事中にしゃがんだ時にちょっと臭うと、「この臭いがお客さんや同僚にバレないか」と心配になってしまいます。

 

すそわきが?あそこの臭い?

 

あそこが臭いので色々対策していますが効果が出ません

 

よく脇が臭うワキガに悩む人は多いと思いますが、私はあそこがすそワキガなのか、それとも単にケアしきれなくて臭いのか判りません。

 

一応下着は3ヶ月に1度新しい物に買い替える、洗う時はシミ抜きもして手洗いで、尚且つ部屋干しせずに天日干しで乾かすようにしています。

 

それに最近ではあそこが蒸れないようにムダ毛も処理するようにしていますし、タイツやストッキングは蒸れの原因になるので穿きません。スキニーパンツも蒸れやすくなるので、臭いがしやすくなって恥ずかしいですがスカートを穿くようにしています。

 

風通しも良くしつつ、そしてお風呂で洗う時もボディーシャンプーではなく、あそこ専用のソープで洗うようにしています。そしてトイレで用を足した後には、あそこ用のウェットシートで汗や汚れを拭くようにして、対策を取っているのです。

 

そうしていても、やっぱり生理中や生理後はどうしても臭ってしまう事があります。セぺを使おうとした事があるのですが、あれはなかなかうまくいかなくて、効果が出ているのか判りません。

 

どうやったらこの、あそこの臭いが完全になくなってくれるんだろうといつも思っています。

続きを読む≫ 2016/04/21 16:30:21

みなさんは、「すそわきが」という言葉をご存知でしょうか?

 

私は現在32歳の専業主婦なのですが、この「すそわきが」という言葉を知ったのはつい1年ほど前でした。

 

すそわきがとは

 

軽度の「すそわきが」は清潔第一!

 

すそわきが」とは、ずばり、陰部からワキガと同じような臭いがする症状のことです。

 

ワキガ同様、「すそわきが」もアポクリン腺という汗腺からでる汗が原因になります。

 

そのため、ツンと鼻につくような特有のにおいもあります。陰部の場合、特に女性の場合は、オリモノと混ざり、魚やチーズなどと同じような臭いする場合もあります。

 

実際にお医者様にあなたは「すそわきが」ですと診断されたわけではないのですが、下着に黄色い汗じみがついたり、周りの人から臭いを指摘されたりすると「すそわきが」の可能性が高いように思います。

 

陰部が臭うと言われて気がついたすそわきが

 

私の場合、主人から陰部が臭うということを言われたことがあります。また、下着も1年ほど履いていると黄色いしみがつくので、おしゃれで高価な下着をつけるのではなく安いものを購入し頻繁に買い替えています。

 

主人から言われたことが衝撃的でショックをうけたのを今でも覚えています。

 

そして、陰部が臭うのはどうしてなのか?私だけなのか?ということをインターネットで毎日検索していると、「すそわきが」という言葉に出会いました。そして、これだ!と確信し、心のなかでひっかかっていたものがすっととれたようにスッキリしました。

 

そもそも「すそわきが」の原因は、汗そのものではなく、汗のなかで雑菌が繁殖することによって悪臭が発生するのです。

 

つまり、汗そのものには臭いはないのです。

 

そのため「すそわきが」は程度にもよりますが、軽度であれば、石鹸などで十分ケアができます。つまり、清潔を心がけることが大切なのです。デリケートゾーン専用の石鹸がありハーブなどの成分が配合されているものです。

 

また、汗の臭いが強くなりやすい食べ物、具体的には脂っこい揚げ物や肉類などを好むと体臭がきつくなるので避けたいです。野菜中心のバランスのとれた食生活が大切です。

 

それでも・・という方は、医療機関に相談することが最善策かと思います。現在の「すそわきが」の治療方法としては、電気凝固法、ボトックス注射、切開手術などがあげられます。

 

しかし、いずれも費用がかかりますので、だれでも気軽にできるものではにようです。

続きを読む≫ 2016/04/17 18:29:17